東京・目白の日本茶専門店「福本園」

Tokyo Mejiro FUKUMOTOEN Japanese tea Since 1905

FUKUMOTOEN

東京目白
創業百年の
日本茶専門店
「福本園」

確かな目利きと技術を
継承する「茶師」が、
日々を豊かにする
美味しいお茶を
お届けします。

Fukumotoen delivers the best quality Japanese green tea selected by the “Tea Master”, which enriches your daily life.

日本茶アワード2年連続受賞

茶葉の味わい
最高のバランスを
求めて。

お茶本来の若々しい新鮮な香りが

味わえるように、

味に深い奥行きを持たせるように。

福本園では、

異なる特徴がある産地のお茶を、

それぞれのよさを最大限に活かすよう

絶妙なバランスで「合組」することで、

極上のまろやかさを生み出します。

ていねいに淹れればコクがあり、

手早く作ればすっきりした味わいになる。

たったひとつのお茶で、

さまざまな味がお楽しみいただけます。

合組でお茶はうんと味わい深くなります

“合組(gogumi)”とは聞きなれない言葉かもしれません。
合組とは、産地や品種、蒸し具合など、それぞれ違う個性を持つ茶葉の特徴をしっかりと見極め、配合することで、お茶の品質や味わいをより向上させることができる、茶師に受け継がれてきた伝統の技術です。

福本園では、日本にわずか十数人しかいない茶審査技術九段の茶師が、毎年数百点のお茶をテイスティングして選び抜いたものだけを取り扱っております。

福本園の目指す
合組のバランス

うま味

昆布ダシの味わいに例えられることが多く、お茶に“ふくよかなこくとまろやかさ”を与えます。
リラックス効果があるといわれ、お茶を飲んだ時の“ほっとする”気分は、お茶のうま味成分である「テアニン」によってもたらされます。

香り

生の茶葉には約50の香気成分があり、
製茶の過程でさらに多く生成されます。
「青葉」の他にも「青のり」や「ゆで枝豆」
「柏餅」など、お茶によってはまざまな香りの要素を感じ取ることができます。

苦味

微量な苦みは味の奥行きを深める効果があります。
お茶の苦みをもたらす「カフェイン」は、
気分をすっきりさせたり、ストレスを和らげたりするとされます。

渋み

口の中をさっぱりさせる効果があります。
お茶の渋みは「カテキン」に由来。
渋いお茶を好む人がいるように、お茶の嗜好性を大きく左右します。

合組について詳しく見る

福本園茶師 加藤 伸之

福本園当主四代目
茶審査技術九段位
日本茶インストラクター

茶師について詳しく見る